カレイちゃんのハワイでほんとうにあった怖い話

みなさま~、怖い話のお時間です。

 カフェの中央にお集まりください~。 



「フフフ、今日はハワイであったほんとうに怖い話をしたいと思います。」(カレイ)

 なにか怖いことあったかな・・・ 「スズキミさん、忘れたのですか!」(カレイ)

 うーんと・・・ カレイちゃんがオートロックの部屋にインキーしちゃって締めだされちゃったあれかな? 「おしい・・・」(カレイ)

カレイちゃんが食器割りそうになったあの時のことかな? 

「いろいろ暴露しないで~」(カレイ) ごめんごめん。



「ハワイでいちばん高いスーパーのお話です。 

宿からいちばん近いのでそこによく行っていたのですが、 なんとそこは玉ねぎがひとつ3ドル(約340円)。」 

たしかに恐怖の価格だったわ・・・ 

「そこでズッキーニだと思って買ったもの、帰って切っていたらやたらみずみずしくて、噛んだらポリッと音が。きゅうりでした・・・色も太さもどこから見てもズッキーニだったのに・・・」(カレイ)

 カレイちゃん話しながらうっすら涙をうかべています。



みんなももらい泣き寸前です。 そっか、それは残念だったね・・・。

 うんうん、それであの日はパスタにきゅうりが入ってたんだね・・・。